Filco Majestouch Stingrayレビュー(高品質なロープロファイル軸キーボード)

デバイスレビュー

FilcoのMajestouchシリーズという物は決してゲーム専用として作られているわけではありません。ですが私はゲーマーにとっても満足できるクオリティだと認識しています。それは何故か、早速見ていきましょう。

①キーボードの軸とそのフィーリング
Majestouch Stingrayに採用されている軸はCherry MX Low Profile Red Switchという物で、性能はキーストローク3.2mm、アクチュエーションポイント1.2mm、押下圧45gとなっています。
これだけ見てもどんなキースイッチなのかわからない方も多いと思いますので少し解説。普通のキースイッチより薄くなっている。それに加え普通の赤軸よりも反応のポイントが浅くなっているため反応が速いと言えます。
で、結局使用感はどうなのか?という話なのですが、反応は確かに速いと言えますが何故か同じアクチュエーションポイントの銀軸よりも誤タイピングが少ないように感じます。これは、反応する直前で少しキーが重くなるようになっているからのように思います。ただ、打ち疲れるような重さではないのがまた不思議なところ。

②ゲームにおいてどうなのか
反応が速い、というのは確かに大事です。ただ、それ以外の機能はどうなのかを見ていきます。
例えば、同時に認識できるキーの数。これはUSB接続の場合でもきちんと正確に認識され、そこの問題は一切ありません。
また、Windowsキーロックもファンクションキーを使って可能です。ただマクロは組めません。この機能が必要な人は素直に他のキーボードの方が向いていると思います。

③打鍵感と作りの良さ
スコスコという感じ。また、キーの反発力がそれなりにあって打鍵感はかなり良好です。
また、キーを底打ちしても不快な金属音を一切発せず心地のいい音が鳴ります。ここに関しては作りが丁寧なのでしょう。

④総評
今回は、正直褒めるところしかないです。一つ言うのならば、普通の背の高さのキーボードからの移行だと最初は少し違和感があると思います。
それぐらいにしか欠点がない、そんなキーボードです。私はAmazonでテンキーレスモデルを1万円ちょっとで買えましたので他社のいわゆるゲーミングキーボードに比べると安い部類に入ります。それでこのクオリティは素晴らしいと思います。

コメント