SHIDO 001レビュー(音響機器メーカーならではの音が良いゲーミングヘッドセット)

デバイスレビュー

SHIDO 001は日本の音響機器メーカーであるONKYOのゲーミングデバイスブランドのSHIDOから発売されたゲーミングヘッドセットです。同時期にSHIDO 002というアンプも発売されましたがそれはまた来週。

①音質
音質の傾向としてはどの音域も特別強調されていないがその音の分離感や解像度の高さのおかげでそれぞれの音を聞き取りやすい、そのような音です。よくモニターライクな音と評されるような音であると言えます。

②音場、定位
まず前提として、音場というのは音のなっている空間、定位というのはその空間に適切に音が配置されているかという意味です。
このSHIDO 001というヘッドセットは開放型ヘッドセットであり、そのために音の抜けが良いのも影響があるのか非常に音場が広いです。とてもその空間に没入するという体験ができます。また、定位もおかしな方向に音が存在することは一切なく適切な位置に音が存在することがとてもよく確認できます。

③装着感
305gという重量で軽めなヘッドセットです。またイヤーパッドがフカフカなため側圧もキツくなく眼鏡をかけていても快適な装着感です。
また、冷却ジェルと開放型ヘッドセットな特徴も相まって非常に群れにくく長時間着けていても快適です。

④マイク
非常にクリアな音質です。取り外しもできるためマイクを使わない人はヘッドホンとして使うことも可能なのも良いところ。ミュートのオンオフもケーブルについているリモコンで簡単に切り替え可能。

⑤音漏れ、遮音性
開放型のヘッドセットなためやや音漏れはしますし、遮音性も密閉型に比べたら落ちます。ただ遮音性に関してはそこまで気にするレベルでは無いと思います。

⑥懸念点
ケーブルについてるリモコンで音量調整もできるのですがそこが非常に回りやすい為少し触ると動きます。その為、ごく稀ではありますがゲーム中に動いてしまうことがあります。そこを戻す作業は少しフラストレーションがあります。

⑦総評
音響機器メーカーが作ったと言われて納得できる、そんな音質と定位を持ち合わせているヘッドセットです。装着感も非常によくできています。しかしこれ一つではイコライザーやサラウンドなどの機能は使えません。そのような機能を使いたい人は同時期に発売されたSHIDO 002というアンプを購入するのがおすすめだと思います。これは来週レビュー記事を投稿します。
話は飛びましたが非常に音、という面では高クオリティな製品なので気になる方は是非。ドスパラのオンラインショップとeイヤホンで取り扱っているそうなのでそちらの方で見てみると良いでしょう。

コメント