Razer Mouse Bungee V2レビュー(有線マウスを無線レベルの操作感に!!)

デバイスレビュー

今回は、Razerから発売されているマウスバンジーの「Razer Mouse Bungee V2」を見ていきます。マウスバンジーというのは画像の通りケーブルを浮かせるように固定することによってケーブルを整理及び、操作感の向上を目的とする商品です。似たような製品が多いですが、各メーカーによりほんの少し特色が実はあったりします。

①高さ
マウスバンジーを利用してみると、ケーブルを固定することのできる高さが大切だと気付きます。高すぎてももちろんよくないですが低いほうが私は使いにくさを感じました。固定できる位置が低いととローセンシの場合どうしてもケーブルがマウスパッドと当たり少し操作感に不快感を覚えます。
Razer Mouse Bungee V2は、ちょうどいい高さに固定でき、ローセンシでも快適な操作が実現されています。
②激しいマウス操作でも快適か
220gほどの重さと裏面の滑り止めによってしっかりとデスクに固定されます。また、Razer Mouse Bungee V2のスプリングは良い感じに動いてくれます。あまり抵抗感がなくシームレスなマウス移動が可能です。
③ケーブルの相性
Razer Mouse Bungee V2は、3.2mmまでのケーブルに対応しています。自分の環境だとXtrfyのM4が一番太いケーブルなのですがこれも無事に固定できました。ケーブルの固定位置は上と下にそれぞれ1つあり上の固定部はゴム製なので少し、伸縮性があります。そのため細いものから太いものまで幅広いケーブルが使えると思います。ただ下の固定部は細いケーブルだと緩いです。
④総評
ほとんど悪いところがなく、価格も3000円を切るので手を出しやすいのも良い点かと。ほんとにこういった「良い」マウスバンジーを導入するだけで有線マウスの操作感がグッと向上するのでオススメです。

コメント